結婚する時点から考えておく

Filed in Leave a comment

日本ではもともと男性が働いて一家の大黒柱となり、女性は家を守るという考えがありました。男女平等参画社会と呼ばれるようになった現代でもその考えは根強いのが実情であり、たとえ女性が働いていても家事は女性が行うのが一般的です。やりたい仕事をしたい女性の場合には、うまく両立を行わなければならないと考えるでしょう。しかし、それが困難だと感じて諦めてしまう人もいます。

このような問題を切り抜けるためには、結婚の時点からよく考えておかなければなりません。だんだんと男性も家事を行うべきであるという考え方が世の中に浸透してきており、若い世代ではその自覚がある男性もいます。そういう人を旦那さんに持つと、男性も協力してくれて負担が軽くなるでしょう。協力的な旦那さんになってくれるかどうかをよく吟味して結婚相手を選ぶことが、仕事と家事の両立を実現する上では重要になります。

女性がやらなければならないという固定観念を女性が持ってしまっていることもしばしばあり、看護師ともなると献身的な気持ちから自分がやろうと考えてしまう人も多いのが事実です。しかし、現実的には仕事をしっかりとやりたいと考えると無理が生じてしまいます。体力や気力が充実しているうちだけがなんとか両立できる期間であり、育児も始まるともはや困難になると理解しておきましょう。まだ結婚前なら旦那さん選びから将来計画を立てることが大切です。もし既に結婚してしまったなら、しっかりと旦那さんと相談して協力を促してみましょう。

,

TOP